HOME・SITEMAP 日替わりメモ 日本におけるダグラス旅客機研究総目次 10/11
top

航空歴史館


テーマイラスト 古谷眞之助

登録番号 愛 称 導 入 日 抹 消 日    備    考
日本航空のダグラスDC-6B JA6201〜6210 

JA6201

City of Tokyo 1953/03/24 1968/07/26 スイスへ売却
JA6202 City of Kyoto 1953/08/01 1965/12/16 アメリカへ売却
JA6203 City of Nara 1958/08/19 1968/06/28 スイスへ売却
JA6204 未登録
JA6205 City of Osaka 1954/09/01 1966/08/24 ペルーへ売却
JA6206 City of Nagoya 1954/09/01 1966/05/26 ペルーへ売却
N5024K 写真募集中 City of Fukuoka 1957/03/17 1958/02/24 パンアメリカンからチャーター
JA6207 City of Fukuoka 1962/04/03 1969/04/26 アイスランドへ売却
JA6208 City of Sapporo 1962/04/26 1968/07/03 スイスへ売却
JA6209 City of Yokohama 1962/07/13 1966/09/22 フランスへ売却
JA6210 (City of Kobe) 1964/06/25 1967/07/17 アメリカへ売却

      

日替わりメモ 2011/06/18


○ 
日本航空のダグラスDC-6B

 第二次世界大戦が終わってからの米国航空機メーカーは軍民を問わず活況を呈しますが、特にダグラス社の民間大型機部門は、傑作機DC-4の後継としてDC-6、DC-6Aを生産し、その成功を見て、デラックス型DC-6Bを開発し、同時にDC-7の生産を始めるというもの凄さでした。しかも、ダグラスの手堅さが信頼されてそのいずれもが主要航空会社から早々と予備注文を受けています。

 日本航空でも、マーチン2 0 2を見限ってダグラスDC-4に一本化した時に、国際線を見越してDC-6又はDC-7、はたまたロッキードコンステレーションかコメットかという検討を行っています。結局、DC-6に落ち着いてB型を発注しましたが、時既に遅く新造機の納入はかなり遅れるという状態でした。

 焦った日航は、DC-6A貨物機をB型に改造して使うことにし、まずスリック航空のA型を入手して、ダグラス社に改造を発注します。当時の国際基準である座席間隔102cm 54席を、140cm 36席とするなどかなり意欲的な姿勢で臨んでいたようです。(この当時はエコノミークラスがありません)

 次いでスリック社とフライングタイガー社向けに製造されていたA型を横取りします。しかし、生産ライン上ではB型への変更ができないため、完成してから改造するという手間をかけて1億3000万円もふんだくられ、1機あたり7億7000万円にもついて経営圧迫の要因になったと社史が述べています。

 まともに入手できたのは4号機からですが、それでも足りないで一時パンアメリカン航空からリースして急場をしのぎました。最終的に訓練機を含めて10機のダグラスDC-6Bを使い、それらは事故らしい事故を起こすこともなく日本での有終の美を飾りました。

 因みに、1番機JA6201について下記サイトを見ますと、2011年10月まで生きていたようです。なんと60年の生涯でした。ご苦労さん!
http://www.aerialvisuals.ca/AirframeDossier.php?Serial=8984


JA6201 Douglas DC-6B  日本航空  City of Tokyo    201
1951/09/25 c/n43296  DC-6A貨物機  N90807 Slick Airwaysで4000時間飛行
  ダグラス社でDC-6B型に改造 改造費1億3000万円
1953/11/23 ホノルル経由サンフランシスコへの試験飛行実施
1953/03/24 JA登録 日本航空 愛称City of Tokyo 定置場東京国際空港
1968/07/26 抹消登録 
  PH-TRI スイス The Onyx Corp.

提供 かかし


撮影1959/09/25 東京国際空港 戸田保紀


撮影1965/09/05 東京国際空港 PAPPY

 

JA6202 Douglas DC-6B  日本航空  City of Kyoto 202
  c/n44069 DC-6A貨物機として製造 
1953/07/14 Slick Airways発注の機体を更にDC-6B型に改造して日航が受領
1953/08/01 JA登録 日本航空 愛称City of Kyoto 定置場東京国際空港
1965/12/16 抹消登録 
  Foreign Air Transport

撮影1957/03 東京国際空港 戸田保紀


撮影1960/01/09 東京国際空港(手前)  戸田保紀


撮影1965 東京国際空港 幸田恒弘

JA6203 Douglas DC-6B  日本航空  City of NARA    203
  c/n43296 DC-6A貨物機として製造
1953/08/13 Flying Taiger発注の機体を更にDC-6B型に改造して日航が受領
1953/08/09 JA登録 日本航空 愛称City of Nara 定置場東京国際空港
1953/12/07 日タイ親善飛行実施
1966/08/24 抹消登録 
1968/06/29 スイスPH-TRG The Onyx Corp. 680629スイス オニックス()へ,D-ABAY,HB-
  オランダ トランザビア  PH-TRG
  ドイツ GERMANAIR D-ABAY

撮影1965/06/13 東京国際空港 門上俊夫 (AIR JAPAN誌)



撮影1962 大阪国際空港 幸田恒弘


撮影1966/11/27 東京国際空港 PAPPY



撮影1967/03/21 東京国際空港 PAPPY

ドイツ GERMANAIR D-ABAY  撮影大阪国際空港 濱野博司

機首拡大


伊丹始まって以来のスモッグに覆われた日で、Bランへの着陸時には分りませんでした 




 

JA6206 Douglas DC-6B  日本航空  City of  Nagoya      206
1954/10/12 c/n44433  DC-6B
1954/09/01 JA登録 日本航空 愛称City of Nagoya 定置場東京国際空港
1964 愛称をCity of Tokyoに変えてアテネ〜那覇で東京オリンピックの聖火を空輸
1966/05/26 抹消登録 
  DB-R-827  ペルー  Compania de Aviacion Faucett

撮影1962/05/06 東京国際空港 ET


撮影1965/06/13 福岡空港 門上俊夫 (AIR JAPAN誌)


撮影1965/09/05 東京国際空港 PAPPY



撮影1965/03 中西市蔵

 

N5024K Douglas DC-6B  日本航空  City of Fukuoka

航空情報1957年5月号

▼ 日本での就航時の情報を求めます

 

JA6207 Douglas DC-6B  日本航空  City of Fukuoka 207
1956/10/05 c/n45060  DC-6B N93117
1962/04/06 JA登録 日本航空 愛称City of Fukuokaa 定置場東京国際空港
1969/04/26 抹消登録 
  TF-FRA アイスランド ボーリアス社

撮影1965/07/11 東京国際空港 PAPPY

撮影 大阪国際空港 濱野博司

JA6208 Douglas DC-6B  日本航空  City of Sapporo      208
19 c/n44067  DC-6B N90772
1962/04/06 JA登録 日本航空 愛称City of Aapporo 定置場東京国際空港
1968/07/03 抹消登録 
  PH-THK The Onyx Corp. スイス

撮影1960/01/09 東京国際空港 戸田保紀


撮影1965/06/13 福岡空港 門上俊夫 (AIR JAPAN誌)


撮影1966/11/27 東京国際空港 PAPPY



撮影日不明 大阪国際空港 中井アルバム


スイス ONYXへ売却 撮影1968/06/29 東京国際空港 geta-o

 

JA6209 Douglas DC-6B  日本航空  City of Yokohama   209 015
19 c/n44173  DC-6B N93116 
1962/07/13 JA登録 定置場東京国際空港
1966/09/22 抹消登録 
  F-BNUZ Trans Union Societe Anonyme

撮影1962/09/16 東京国際空港 geta-o


撮影1963/10/20 名古屋空港 geta-o

 

JA6210 Douglas DC-6B  日本航空     210
19 c/n44057  DC-6B N90772 サターン航空 
1964/06/25 JA登録 日本航空  訓練機 定置場東京国際空港  (愛称City of Kobe 用いられた形跡なし)
1967/07/17 抹消登録 
  Pacific Airmotive Corp.

乗員訓練機として使用 撮影1964/01/19 東京国際空港 geta-o


撮影1964/06/09 大阪国際空港 山田郁央


撮影1965 東京国際空港 Sabu (提供赤塚 薫)

撮影1965/12/29 東京国際空港 geta-o


撮影1966/11/27 東京国際空港 PAPPY


伊丹に度々飛来、DC-6Tと呼んでいました 撮影 濱野博司

JA6201 ダグラス DC-6B *   43296 東京国際 空 JAL 530324   ex-N90807,CITY OF TOKYO
              JAL 680726   6807XXスイス オニックス(オランダ トランザビア)へ,D-ABAZ,PH-TRI,HB-IBW,N615SE,8R-GEC
JA6202 ダグラス DC-6B     44069 東京国際 空 JAL 530801   ex-N34953,CITY OF KYOTO
              JAL 651216   651207米フオーリン・エア・トランスポート・デベロップメントへ,5N-AFT,N1535,9V-BCI,TF-OAE
JA6203 ダグラス DC-6B     44070 東京国際 空 JAL 530819   ex-N34954,CITY OF NARA
              JAL 680628   680629スイス オニックス(オランダ トランザビア)へPH-TRG,D-ABAY,HB-IBV,N616SE
JA6205 ダグラス DC-6B     44432 東京国際 空 JAL 540901   CITY OF OSAKA
              JAL 660824   660821ペルー カンパニア・デ・アビアシオン・フォーセットへOB-R-846
JA6206 ダグラス DC-6B     44433 東京国際 空 JAL 540901   CITY OF NAGOYA
              JAL 660526   660522ペルー カンパニア・デ・アビアシオン・フォーセットへOB-R-827
JA6207 ダグラス DC-6B     45060 東京国際 空 JAL 620406   ex-N93117,CITY OF FUKUOKA
              JAL 690426   6904XX米Boreas Corp.へ,Flagt FlugヘリースTF-FRA,TF-OAA
JA6208 ダグラス DC-6B     45067 東京国際 空 JAL 620406   ex-N93116,CITY OF SAPPORO
              JAL 680703   6807XXスイス オニックス(オランダ トランザビア)へPH-TRK,TF-FRB,TF-OAB,N14436
JA6209 ダグラス DC-6B     45173 東京国際 空 JAL 620713   ex-N93118,CITY OF YOKOHAMA
              JAL 660922   660921フランス トランスユニオンへF-WNUZ,F-BNUZ
JA6210 ダグラス DC-6B     44057 東京国際 空 JAL 640625   ex-N90772