HOME  SITEMAP   過去の日替わり- 2021年 2020年

日替わりメモ

日替わりメモ 2022年1月27日

      展示保存機総覧 鹿児島県  第一工科大学 展示機体撤去、 丸岡公園 展示機体撤去

 

 山本さんから展示機体の撤去情報が届きました。
 第一工科大学からOH-6J、H-13Hの撤去、 丸岡公園からOH-6Dの撤去です。
 2019年の写真ではきちんと手入れがなされていたようですので残念です。

 

 

日替わりメモ 2022年1月24日

      航空歴史館 ダグラスDC-8研究  JA8049, JA8050, JA8051, JA8052, JA8056
                            JA8058, JA8059, JA8060, JA8061, JA8067, N8762, N8764 写真追加

 

 鈴木さんから投稿いただいたDC-8シリーズ4回目です。
 今回はJA8049〜N8764までの12機です。
 今回も1977年から1978年にかけて集中して撮影されたものです。
 このほかにもDC-8機内が写ったパンフレット等も頂いていますので差し支えなさそうな部分を次回掲載したいと考えています。
 
 明日からはまた飛行艇の掲載予定ですが、週半ばは仕事の関係で数日更新が止まる可能性がありますのでご了承願います。
    
 

 

日替わりメモ 2022年1月23日

      航空歴史館 ダグラスDC-8研究 JA8031JA8032JA8033JA8034JA8035
                JA8036JA8037JA8039JA8041JA8042 写真追加

 

 鈴木さんから投稿いただいたDC-8シリーズ3回目です。
 今回はJA8031〜JA8042真での10機です。
 1977年から1978年にかけて集中して撮影されたものです。
 JA8031はJAL塗装初掲載です。 JA8033は赤軍にハイジャックされ解放されてから一か月も経っていない時の写真でした。 JA8036はカラー写真追加です。
    
 

 

日替わりメモ 2022年1月22日

      航空歴史館 山梨県 ステアマンPT-17 ケイデット N61553

 

 小林(Blue1)さんから20年前に撮影された河口湖博物館のPT-17 STEARMANの写真を投稿いただきました。 現在も河口湖博物館にて保管されていることと思われます。
 小林さんがモデルの作成の為に撮られた写真ということで各部の細かいところが撮影されているので選んで掲載しました。
 複葉機で鋼管フレームが良く見えています。 足元は踏板以外に足を載せられないようですね。
    
 

 

日替わりメモ 2022年1月21日

      航空歴史館 ダグラスDC-8研究 JA8007, JA8011, JA8012, JA8014, JA8015, JA8018 写真追加 

 

 鈴木さんから投稿いただいたDC-8から」古いものから6枚掲載しました。
 CARGOもありましたので当時のバスやコンテナが写っている写真を選びました。
 コンテナを引いているタグは運転席がむき出しで小さく見えますが、トヨタ製のモデルはエンジンが2000cc、車両重量3.5ton、牽引2.0tonの能力があります。
 重くないと安全に引いたり停止したりできませんよね。 飛行機運用を支える裏方ですね。
    
 

 

日替わりメモ 2022年1月20日

      古谷眞之助 作画 イラストの部屋 イラスト 3枚リンク修正 & 5枚追加 

 

 古谷さんからのイラストを昨日3枚追加掲載しましたが、小さい画像のみで拡大リンクが切れており失礼しました。
 修正と併せて 5枚新規追加しました。 合わせて8枚 お楽しみください。

 本日のニュースですが、陸上自衛隊でヘリコプター練習機として使用されているTH-480Bですが、 製造元のエンストロム ヘリコプター コーポレーションが本日2022年1月20日 事業を終了し会社を閉じると発表されたと乗り物ニュースなどに掲載されていました。 10年前には『中国の重慶通用飛機工業有限公司(CGAG)に買収され、そこの100%子会社となっていました』 とあり、自衛隊で使用しているのは危機管理上よろしくないお話でした。 テクニカルサポートも部品供給も無くなるということで早期退役につながるのでしょうか。
 尚、ヒコーキ雲にはこの機体の写真掲載は現時点でありません。
    
 

 

日替わりメモ 2022年1月19日

      古谷眞之助 作画 イラストの部屋 イラスト 3枚追加 
    航空歴史館 日本におけるダグラスDC-8研究 JA8044, JA8045, JA8046, JA8048 写真追加

 

 古谷さんからのイラストを3枚追加しました。
 一時期、飛行船を使っての宣伝がありましたが最近は見かけなくなりましたね。
 余談ですが、飛行船に使用しているヘリウムガスは生産量が限られていて貴重なガスになっています。 ごく一部の国でしか生産できないので最近は回収装置でリサイクルされたりしています。
 
 鈴木さんからDC-8の写真を大量に頂きました。
 今回は4機分の掲載です。 JA8044はCARGO時代のものです。
    
 

 

日替わりメモ 2022年1月18日

    古谷眞之助 作画 イラストの部屋 イラスト 4枚追加

 

 古谷さんからイラストを4枚追加しました。
 今回のものは民間機3枚と山口県防災ヘリです。
 PC-21 ピラタスはスイスの単発ターボプロップ機です。 昔の練習機はレシプロばかりでしたが、同じイラスト内にあるT-7など今の練習機はピタラスと同様に単発ターボプロップになっています。
 このピタラス機はT-7導入時に国際競争入札が行われたということで日本にも関係していたことを知りました。
   
 

 

日替わりメモ 2022年1月17日

    航空歴史館 写真で見る東京国際空港の歴史 カタールのハリファ首長 写真追加

 

 ETさんから1984年4月22日に撮影した カタール ハリファ首長 の来訪写真をいただき追加しました。  カタールご一行の人数など規模の大きさがわかる情報もいただいていましたので文面も追加しています。 2機とも濱野さんとちょうど逆向きの写真です。
 当記事はETさんから先にいただいており掲載順が逆になってしまいました。  
 ETさん 大変失礼いたしました。
  
 

 

日替わりメモ 2022年1月16日

    航空歴史館 写真で見る東京国際空港の歴史 西ドイツのキーヒレ食糧農林相とカタールのハリファ首長
    古谷眞之助 作画 イラストの部屋 イラスト 5枚追加

 

 濱野さんから1984年4月22日に撮影した B-707 3機の写真を頂きました。
 『ナナマル大漁日の様子です。 ナナマルフリークには充実の1日となりました。』 濱野善行
 同型機でしかも複数国というのは、1000機以上つくられたベストセラーの機体だったということでしょうか。

 古谷さんからイラストを5枚追加しました。
 古谷さんは趣味でグライダーの操縦をされているので今回追加2枚のスピットファイアは防府市上空をフライトしていることを思い浮かべながら書かれたそうです。 
 
 山本さんから展示機の最新情報を頂きました。
 『鳥取県の陸上自衛隊米子駐屯地の展示機情報について
 1. UH-1B 41528 グーグルアース(Pro)の画像によると2016年8月11日以降、2017年2月8日までの間に撤去されています。
 2. OH-6J 31032 こちらもグーグルアース(Pro)の画像によると2016年8月11日以降、2017年2月8日までの間に撤去されています。』 山本晋介
 ということで修正済です。 
  
 

 

日替わりメモ 2022年1月16日

    航空歴史館 伝説の時代から現代まで航空史抜き書き 陸上自衛隊習志野駐屯地降下訓練始め
    古谷眞之助 作画 イラストの部屋 イラスト 4枚追加

 

山本さんから数日前に習志野駐屯地で行われた降下訓練始めの写真が届きました。
 コロナの影響で柵の外からしか見られないのは寂しい話ですね。
 また、今回 C-1が参加しておらず、
 『今年はC-1が参加してません!  昨年が最後の参加となってしまったようです。
   演習場によく通われているマニア氏の話によれば、2021年秋ごろからC-1による降下訓練は目にしていないとのことでした。  いよいよ世代交代なのですねぇ
』 山本晋介
 ということで、私の好きなC-1が見られなくなるのも寂しいですね。

 古谷さんからイラストの追加投稿を頂きました。
 色々精力的に書かれており 今回は4機の追加です。 

  
 

 

日替わりメモ 2022年1月14日

    航空歴史館 ボーイング ステアマン ケイデット JA3641 写真追加

 

 丹羽さんからボーイング ステアマン ケイデット JA3641 登録初期の写真を投稿いただきました。
 当機体のページはないので、1970年当時 広島県 ナタリー遊園地での紹介の現役時に追加しました。 
  
 

 

日替わりメモ 2022年1月13日

    航空歴史館 伝説の時代から現代まで航空史抜き書き A300-600ST ベルーガ来日

 

 ハロースクエアさんから昨年末にヘリコプター空輸の為に日本に飛来した A300-600ST ベルーガの写真を投稿いただきました。 今回は飛行スケジュールが慌ただしく変更になり撮影に苦労されたそうです。
 今回の機体モデル番号ですがA300-600STとニュースで書かれていたのでそのままの表記としましたが、経歴の欄に書いたように正しくはA300-608STのようです。 ハロースクエアさんも気が付いて?と書いてくれています。
 この部分はもう少しレジストリーを調べて確認したいところですね。
  
 

 

日替わりメモ 2022年1月12日

    都道府県別 展示保存機総覧 鳥取県 美保基地 F-4EJ改 439号機 写真掲載

 

 山本さんとHAWKさんから写真が届きましたので掲載しました。
 美保基地では1月7日に予定通り式典が開催され展示が開始されました。
 残念ながら柵の外からの見学になりますが、山本さんからの撮影説明の通り柵が映らないように写真を撮影できるようです。
 今回撮影方向が重ならないように写真を選んでいます。 F-4EJの人気は高く、今回の機体は与作(439)と呼ばれていたということで多めに掲載しました。
  
 

 

日替わりメモ 2022年1月11日

    航空歴史館 ビーチクラフトT-34A 国内向け全機の経歴と写真 JG0509 写真追加

 

 丹羽さんから陸上自衛隊T-34A JG0509 犬山ラインパークに展示されてた時の写真を投稿いただいていましたので掲載しました。  
  
 

 

日替わりメモ 2022年1月10日

    古谷眞之助 作画 イラストの部屋 ページリニューアル & イラスト追加

 

 古谷さんからいただいたイラストの部屋のページリニューアルを行い見やすくしました。
 小さなイラストをクリックいただけると画面に大きく表示されます。
 以前は連続して掲載していたため見る方がどこまで見たのか分かりにくかったので、ジャンル分けを行いました。
 今回、 新しいイラストを頂きながら掲載できていなかったものが多数ありましたので一挙公開しています。 絶妙なタッチで描かれたイラストをお楽しみください。
  
 

 

日替わりメモ 2022年1月8日

    航空歴史館 航空自衛隊 C-1 1021, 1023, 1024, 1027, 1029 写真追加
        航空歴史館 航空自衛隊 C-1 色々な飛行風景 写真追加

 

 高田さんと山本さんからC-1写真投稿を頂きました。
 高田さんの写真は無塗装時代のカラー写真が見どころです。
 山本さんからは落下傘降下、コンバットピッチブレーク、編隊飛行など動きのある写真が見どころです。 機番にかかわらず楽しんでいただこうということで特集のページを下に付けました。
 私が初めて美保基地航空祭を見たのは1981年ですが、ブルーインパルスが居ない代わりにC-1 3機で水平開花などとアナウンスして左右にブレークしたり短距離離着陸など楽しく機動性の高さを見せてくれたことを思い出します。 
 写真がそろってきたので機動性のあるものや、所属部隊の異なる写真などに絞らせて追加掲載する方向で進めます。

 今回 山本さんから下記の情報を頂きました。 お近くの方は見学されてはと思います。
 『1月13日は習志野演習場で降下訓練始めが行われます。 今年は昨年に続いて一般非公開のイベントとなりますが、7日、11日、12日に予行が行われます。』 山本晋介
  
 

 

日替わりメモ 2022年1月7日

    航空歴史館  写真で見る東京国際空港の歴史 1984年 要人訪日の特別機 ページ追加

 

 濱野さんから1984年 VIP来日の写真を投稿いただきました。
 1枚目の写真は1月31日大雪の日に撮影されたものだそうです。
 本日 関東も大雪(茨城県南で7~8cm)でちょうど同じような気候でした。
 千歳空港などは積雪が普通なので除雪設備が整っているので通常運行されていますが、関東の空港は普段雪が降らないので大騒ぎですね。
 
 一昨日の日替わりメモでKV107IIの輸出は名古屋港からでした。 いつも空港と書いているのでついつい港を空港と書いてしまいました。 失礼しました。
  
 

 

日替わりメモ 2022年1月5日

    航空歴史館  日本の初期登録航空機全集 bT  JA7016 写真追加
    航空歴史館 バートル KV107II研究 サウジ向け機体 4機 新規追加

 

 川邉さんからJA7016 BELL47の写真を投稿いただきました。
 よく見るモデルが変わった時期の写真のようです。 ウィンドウに書かれているマーキングが同じ川崎航空機でも変わっています。

 丹羽さんからサウジアラビア向けKV-107IIの写真を投稿いただきました。
 名古屋港からの輸出ということでJQナンバーを付けて各務原からの飛行ですね。
 JQナンバーのつけ方が議論されていますが、今回のパターンは製造番号でした。
 サウジアラビア向けには16機輸出され、そのうちの4機分の写真掲載です。
  
 

 

日替わりメモ 2022年1月4日

    航空歴史館 航空自衛隊 C-1 疲労強度試験機02 写真追加

 

 山本さんからC-1疲労強度試験機の写真を追加で投稿いただきました。
 今回の写真は掲載していた写真と塗色が異なっています。
 
 今日(3日)は仕事始めでした。
 今夜 先輩から電話があり30数年ぶりに、飛行機関連で懐かしい話ができました。
 飛行機関係は鉄道関係などと違って、なかなか保存されないねという話をしていましたが、ヒコーキ雲で少しでも保管展示されている機体を紹介し保管維持されることの一助になればと思っています。
 引き続き皆さんからの写真や情報提供などよろしくお願いします。
  
 

 

日替わりメモ 2022年1月3日

    航空歴史館 デハビランドDH-104 ダブ 研究 JA5006  写真追加
    航空歴史館 航空自衛隊 C-1 1002, 1004, 1007, 1010, 1012, 1018, 1022, 1027, 1030 写真追加

 

 鈴木さんから投稿いただきました ダブ JA5006の写真を掲載しました。
 当時の格納庫の前で撮影されています。

 山本さん、濱野さんと酒井さんからC-1の写真を投稿いただきました。
 『色具合から「辛子(からし)」と呼ばれていましたね。 私自身は通常フライトしている機体の写真を撮ることはできませんでしたので、この日 のショットが唯一のものです。 添付する写真は斜め前からの全景と左エンジンの塗装のアップの2枚です。』山本晋介
 『一機目は2004/10/03に木更津公開で撮影した12号機で、空自創設50周年記念塗装の青迷彩です。パターンは維持しつつ色味を変えるのは、マリンコの隊長機に通じる「プロの遊び心」的な矜持を感じる気がします。
  二機目も同じく402が出現させた同系列のサンド迷彩7号機で、こちらは2008/11/03の入間公開時の撮影となります。こちらは部隊創設50周年記念の塗装になりまして「からし」と呼ばれていましたね。』濱野善行
 酒井さんからの写真も1026号機の特別塗装機が含まれています。
 お正月ということでカラフルな3機をお楽しみください。
 
 日替わりメモが重くてパソコンソフトでの編集が困難になりましたのでページ分割しました。
 昨年分は上側にリンクがあります。 今年分の下に10月までの分は引き続き掲載しておきます。
 
 

 

日替わりメモ 2022年1月2日

    航空歴史館 日本におけるダグラス DC-3研究 JA5078 写真追加
    航空歴史館 デ ハビランド ヘロン・タウロン研究 JA6151, JA6161 写真追加

 

 鈴木さんから投稿いただきました DC-3 1機と ヘロン 2機を掲載しました。
 ヘロンにつきましては JA6151 が短期間の間 藤田航空 であった時の写真初掲載です。
 これでこの機体の歴史で使用されていた時の写真が揃いました。
 DC-3についてはJA5078の経歴の一部がわかりましたので日付等追加記載しました。
 
 

 

日替わりメモ 12月31日/2022年1月1日合併号  

    航空歴史館 富士山空撮  12枚写真追加
    航空歴史館 初期日本登録航空機写真全集6 De Haviland Heron JA6151, JA6161 写真追加
        航空歴史館 航空自衛隊 C-1  1012, 1018, 1030, 1031 写真追加

 

雲投稿者ならびに閲覧者の皆さん
 2021年末まで色々な投稿やご意見、閲覧を頂きありがとうございました。
 年間を平均すると約1300名余りの方に毎日訪問していただきました。 
 そして無事に2022年を迎えることができました。
 2022年も変わらずご愛顧をいただけますようよろしくお願いします。  酒井収、イガテック
 迎春  2022年元旦

  上記写真 撮影 鈴木一弘 写真リンク

 早速ですが新年第一弾として 鈴木さんに投稿いただいた富士山空撮 12枚を公開しました。
 主に10月から2月の空気の済んでいる時期のものばかりです。 上記写真は富士山に笠雲がかかっており縁起物のようですので採用させていただきました。
 富士山は天候や日当たりで写りが変わりますがいつもきれいですね。

 本日はもう1件 とても珍しい写真です。
 丹羽さんからUF-104JAが硫黄島に展開しているときに部隊慰問された時の写真を頂きました。
 遠い南の島で一般人には目にできるところではありませんので貴重な記録です。

 追加でもう1件 小林さんからC-1の写真を投稿いただきましたので3機写真を追加しました。
 1030号機は新規写真となります。1018号機は機体洗浄のページに写真がありましたのでリンクしました。
 以上で残り2機となりました。
 

 

 

日替わりメモ 12月30日  

    航空歴史館 航空自衛隊 C-1
          1006, 1013, 1019, 1020, 1021, 1023, 1024, 1025, 1026, 1027, 1028, 1029, 01, 02 写真追加
    航空歴史館 民間航空の歴史 その他機体 飛鳥 新規ページ掲載

 

 丹羽さんからいただいたC-1写真最終です。
 今回は12機分の写真を追加しました。
 1021号機については1976年末 引渡し前の写真から始まり1984年末 改造引渡し前の写真まで揃っていました。 定期的によく観察されていたことが伺えますね。 
 今回併せて強度試験機にリンクを張りました。 1号機は元写真が大判サイズでしたので加工しなおしてあります。 習志野分屯地で撤去の話を今年春に聞きましたがいまはどうなっているのでしょうか?
 気になるところです。

 丹羽さんからC-1の続きで飛鳥の写真を頂きました。
 今まで飛行試験時の写真がなかったので新しくページを作成しました。
 今回 HAWKさんからいただいていた写真で未掲載写真がありましたので掲載させていただきました。
 機内写真もあり当時の機器類がわかりますね。
 私は当時 メカニックマガジンで開発状況を見ていたので 実際に飛んでいるところを見たかったなと思っています。 各地 ローカル空港の拡張でその後の開発はありませんが、有事の際にはとても役に立ちそうな感じがしますがいかがなものでしょうか?

 

 

日替わりメモ 12月28日  

    航空歴史館 航空自衛隊 C-1 1001, 1003, 1004, 1005  写真追加

 

 丹羽さんと横川さんから投稿いただいたC-1 4機分の写真を追加しました。
 横川さんからの1001号機は米軍基地ということでフェンスなしでの展示なので皆さん日陰でくつろいでいる感じで良いです。 機体運航側はひやひやしているかもしれませんね。
 丹羽さんからは3機分追加しました。 1004号機はリスト上では当初38-1004登録とありましたが、今回の引渡し前の写真からすでに48-1004であることがわかりました。
 明日以降も引き続き追加していきます。

 

 

日替わりメモ 12月25日  

    航空歴史館 日本におけるダグラスDC-8研究 JA8001, JA8005, JA8006 写真追加

 

 鈴木さんからDC-8の写真を投稿頂いていましたので写真を掲載しました。
 JA8001は機体のデザインを切り替えて間もないころの写真のようです。前年の写真とは変わって機首の名前が消されています。 また、エンジンとコックピットの写真はとても珍しいと思います。 エンジン排気口が8方向に絞られていてユニークな形状をしています。
 JA8005, JA8006の写真はカラーで当時の色彩がわかる貴重な写真です。 オリンピックの記載がないので1960年代前半の写真と思われます。
 
 このところC-1の写真が続いたので少し異なる写真を紹介していきます。 C-1の写真はいろいろ投稿いただいていますので引き続きお楽しみに。

 

 

日替わりメモ 12月24日  

    航空歴史館 航空自衛隊 C-1 1001, 1021  写真追加

 

 山本さんから1001号機と1021号機の写真を投稿いただきました。
 当方の勉強不足で飛行隊名など掲載に色々問題があり機体経歴を書き直してあります。
 昨日お知らせしたとおり訂正文字は黄色文字としていますのでご了承願います。
 (黄色文字だらけで情けないですね。 暖かく見守り願います。)

 

 

日替わりメモ 12月23日  

    航空歴史館 航空自衛隊 C-1 1002, 1020, 1029  写真追加

 

 丹羽さんと古谷さんから頂いたC-1写真の続きです。 今日は1002号機、1020号機、1029号機を掲載しました。
 1002号機は当初第401飛行隊に配置され、その後 実験航空団、第403飛行隊などで使用されています。 他号機の経歴を調べても各飛行隊を廻ってきている機体が多いですね。
 迷彩で似たような写真が多いと言われそうですが部隊マーク位置が変わったりしているので見比べていただけたらと思います。

 お詫び
 昨日の記事で丹羽さんの投稿を北川さんと紹介してしまいました。大変失礼しました。
 仕事後の夜間の更新で頭がよく回っていないようです。誤字脱字も古谷さんにお知らせいただきましたので修正しました。 修正部分に横線を引くと読みにくいので、今後は黄色文字で修正させていただきます。 記事に黄色文字があったら 直したなと思って読んで頂けたらと思います。
 
 最近のヒコーキ雲の記事更新はイガテックが主に編集させていただいています。 ペンネームだけでは失礼ですので投稿者には名前をお知らせさせていただいています。 まだ暫くは仕事の関係でイガテックということで記事を書かせていただきますのでご了承願います。

 

 

日替わりメモ 12月22日  

    航空歴史館 航空自衛隊 C-1 1001 写真追加

 

 丹羽さんからC-1 1001号機の歴史がわかる写真を投稿いただきました。
 1001号機は実験航空団であり、当機のノーズコーン部分に色々な電子機材をつけてテストしたり、時にはパイロンにミサイルのテスト機器を搭載していることがあります。
 今回は2種類のミサイルヘッドが撮影されていましたので拡大を含めて掲載しました。
 遠くから見ていると判りにくいと思いますが、よく見て撮影されているなといつもながら感心しています。

 昨日紹介した川邉さんからデハビランド DHC-2 ビーバーの写真の中で農薬散布の話が出ていましたが、当機は初めて国内で農薬散布を行ったそうです。
 ヘリコプターだと風で下に押し付けられるので散布効果が高いとは思いますが固定翼機はスピードも早いし小回りも利かないのでアクロバティックな操縦が要求されたのではと想像されますね。

 

 

日替わりメモ 12月21日  

    航空歴史館 日本の初期登録航空機全集 JA3046, JA3047 写真追加
    航空歴史館 1954年10月高知空港 大阪から曳航されてきたグライダー 操縦者名訂正

 

 川邉さんからデハビランド DHC-2 ビーバーの写真を投稿いただきました。
 写真は当時 大和航空のパイロットで当機を操縦されていた川邉さんの父親が送ってきていたものだそうです。
 説明もきちんと写真の裏に書かれていたということで当時の様子を示す大事な写真ですね。
 JA3047は事故後の写真のためリンクでの表示とさせていただいていますのでご了承願います。

 川邉さんから 1954年10月高知空港 大阪から曳航されてきたグライダーの中に掲載されている 島本 眞さんをご存じで、写真の操縦者はほかの方ですとの指摘がありましたので訂正しました。
 なお、島本 眞さんはウィキペディアに掲載されているとのことでした。

 

 

日替わりメモ 12月20日  

    航空歴史館 航空自衛隊 C-1 リスト更新 と写真追加

 

 山本さんからリストの指摘がありましたので修正しました。 飛行隊と団をごちゃまぜで書いていた点について指摘いただきました。 また、27号機を用途廃止と書いていましたが事故の誤りです。
 C-1の機体写真も続々届いており、 佐伯さんと古谷さんの写真を追加掲載しました。
 追加写真は 1011 記念塗装、 1012, 1014, 1025, 1031 の合計5機です。
 50周年の機体はとても色鮮やかですね。 C-1を旅客機隊みたいに塗ったらさぞかしきれいなことでしょうね。

 

 

日替わりメモ 12月19日  

    航空歴史館 航空自衛隊 C-1 リスト更新

 

 山本さんとポッチさんからC-1の情報を頂きました。
 リストを全号機分掲載し2021年12月時点での用途廃止と運用状況を記載しました。
 もう残り8機まで減っているんですね。C-2が増えた分 減ってしまうので世代交代が進んでいます。

 

 

日替わりメモ 12月18日  

    航空歴史館 航空自衛隊 C-1 28-1005, 10091011, 1013, 1015 写真追加

 

 高田さんからC-1輸送機の写真を多数投稿いただいていますので掲載しました。
 今回リストは15号機までの掲載です。 次回31号機までの経歴を掲載予定です。
 情報が少なくて現状用途廃止になっている機体の番号が把握できていません。
 ご存じの方がいましたらお知らせいただけると助かります。

 

 

日替わりメモ 12月16日  

    航空歴史館 日本におけるダグラスDC-6B研究 JA6203, JA6205 写真追加&修正
    都道府県別展示保存機総覧 鳥取県 美保基地 F-4EJ展示情報

 

 一昨日 日本におけるダグラスDC-6B研究が鈴木さんからの投稿で全機完了となりましたが、追加で同型機の写真を頂いていましたので掲載しました。 その際 JA6205の記事が欠落していたことが判りましたので復帰再生しました。
 今回は JA6203, JA6205 の写真ですが、いずれも初期の塗装で1960年代中盤からのデザインと異なります。 
 日本航空の社章の変遷が日本航空のホームページにありました。 リンク
 この資料から1959年8月に新しいデザインが完成し使用されてゆくと書かれているので今回追加した写真は1950年代後半のものと思われます。

 12月14日に鳥取県 航空自衛隊美保基地内でF-4EJ 17-8439号機が移動され YS-11 168号機の右わきに設置されカバーされた状態となりました。 来年1月7日にカバーを外すとのことです。
 移動の際の映像が リンク に出ています。
 今回の機体は2020年9月に飛来していますので中身はそのままでエンジン等も付いた状態で展示されるのかなと期待しています。

 

 

日替わりメモ 12月14日  

    航空歴史館 日本におけるダグラスDC-6B研究 N5024K 追加で全機掲載完了
    航空歴史館 ナンバーの変わり種 新規情報

 

 鈴木さんから投稿いただいていた写真の続きです。
 今回の投稿写真は 日本航空で1年弱の間 Nナンバーで運用されたDC-6B N5024Kです。
 この写真で国内運用されたDC-6Bの全写真が揃いました。 また。元写真の解像度が高く
開いている搭乗口ドアの上には漢字で日本航空と書かれ、ドアから後部に書かれている文字は
 WINGS OF THE NEW JAPAN となっていました。
 恒例の履歴調査で、この機体は先に紹介された航空情報の記事にあったようにチャーターされていたとありますが、返却後も色々なところで使われていたことが分りました。 アメリカ以外では インドネシア (PK-DZD) で使用されていました。
 2014年まで登録があったようですの、約60年という長い歴史を刻んだようです。
 

 掲載が遅れてしまいましたが、はねぶたさんから JQナンバーについての続きの話を頂きましたので紹介します。

 〇 JQナンバーの謎について 続編
  先日岐阜基地で発生したP-1の滑走路逸脱は防衛省納入前と言う事で運輸安全委員会の調査対象となりました。
https://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/detail2.php?id=2296
 ここでは登録記号をJQ5533としています。
 かつて同様に調査対象となったAH-1Sの事故では登録記号無しの扱いでした。
https://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/detail.php?id=732
 総務省の無線局免許情報で検索してみると
https://www.tele.soumu.go.jp/musen/SearchServlet?pageID=4&IT=C&DFCD=0001499039&DD=1&styleNumber=11
 川崎重工業が航空機局で免許を受けていますが、無線局名とか識別信号とか言った項が無く 設置場所がJQ5533になっています。
 さて、ニワトリか先か卵が先か。
 日本の国籍記号がJAであってJQではない事から、正確には登録記号ではないでしょう。以前私にあれは無線局名と教えて下さったのは、航空機製造に携わる企業の役職者で現場に詳しい方でしたし、Aに変えてQ符号など無線通信を連想させる文字を使っているところからもJQナンバーは無線局名だと信じていますが、上記の資料からは機体そのものがJQ5533であるように見えてしまいます。
 無線で呼び出すのは機体だから間違ってはいない、ということなのか…?
 
 このお話に続いて 酒井さんからもコメントを頂いています。 続きは表題のリンクからどうぞ。

 

 

日替わりメモ 12月13日  

    航空歴史館 海上自衛隊 グラマンJRF-5研究 オー9013 レストア後飛行の情報
    航空歴史館 昨日の3枚の写真に対しての感想

 

 Wakatakeさんから JRF-5 オ-9013がアメリカでレストアが行われ飛行したとの情報をいただきました。
 『グラマングースのページから飛んで来ました。  情報提供です。
 JRF−5 オ−9013は、2004年までの履歴がページに書いてあります が、その後、展示機になって飛べなくなってたのをアメリカ人が実に7年かけてフルレ ストアを行い、今年の11月に飛行しました。  13号機、まだ飛べてます。 情報ソースは、レストアしてるご本人のフェイスブックです』 wakatake
 ということでフェースブックを確認しました。
 グラマンJRF-5研究のページに追加記載しましたので現役時代とFACE BOOKの写真を見比べて頂けたらと思います。 とても65年前の機体には見えませんね。

 佐伯さんから昨日の鈴木さんからの写真について感想をいただきました。
 『12日の鈴木さんによるヘロン、コンベア、DC-3のカラー写真には、それぞれのページの研究をまとめたものとして感激しました。
 第一に、1960年代初期のカラーは、おおむね絵葉書か画家のイラストでしか知りえなかったので、お父上が写された3機のカラー写真は本邦初公開だと思います。
 第二に、コンベアCV240 JA5096の前方にいる青いラインの同型機ですが、はるか向こうに見えるヘロンの塗装が藤田航空だとすると、同社が全日空に吸収される前、即ち1963年10月以前の撮影です。となると、青いラインのCV240は、富士航空がJA5096に続いて導入した元American AirlinesのJA5098(62年5月9日輸入)又はJA5112(同8月30日輸入)のどちらかになるのではないでしょうか。
 第三に、ダグラスDC-3 JA5077の写真は、全日空カラーとしては平凡ですが、Cランと新ターミナルビル建設のための沖合展開事業の海上クレーンが見えたりして、やはり貴重な画像です。この時期
には、ジェット旅客機の売り込みを始め様々な機種が羽田に降りていますし、エルクーペが草地に置かれていたりして、カラー写真がもっと発掘されないかと期待が増しますね。』 (12月13日 佐伯邦昭)
 鈴木さんからもう1枚ヒコーキ雲に未掲載の貴重な写真を頂いています。 記事がまとまりましたら公開予定です。
 
 昨日の日替わりメモ修正について
 デ ハビランド ヘロン・タウロン研究 について富士航空と書いてしましましたが 藤田航空の誤りでした。 似たような名前で入力ミスがあり失礼しました。

 

 

日替わりメモ 12月12日  

    航空歴史館 デ ハビランド ヘロン・タウロン研究  藤田航空 JA6161 カラー写真追加
    航空歴史館 日本におけるコンベア ライナーの歴史 富士航空 JA5096 カラー写真追加
    航空歴史館 日本におけるダグラスDC-3研究 全日空 JA5077 カラー写真追加

 

 鈴木さんから1960年代に羽田空港で撮影されたカラー写真を投稿いただきました。
 写真の機体から撮影時期が1960年代のはじめということで約60年前のものです。 
 この時代は白黒が主流ですがカラーでコンディションが良く残っているのは貴重です。
 今回の写真から当時の機体の塗装色がはっきりわかります。 撮影日は不明ですが
 『撮影場所は、羽田空港ランプや整備場地区です。
 撮影者は、小生の父であり当時はまだ守衛所への挨拶程度で 自由に現在で言う制限エリアへ立ち入り出来き、コクピット内立ち入りもOK、良き時代でし た。』 鈴木一弘
 ということでした。
 今回紹介した中でJA5096の元写真には前方に航空会社名のないコンベアライナーが駐機しています。 この機体が何者かも気になりますね。

 

 

日替わりメモ 12月11日  

    航空歴史館 日本の初期登録航空機全集 JA3017 写真追加

 

 河辺さんから タチヒ R-52の写真を投稿いただきました。 
 故 頓所好勝さんがお持ちになっていたものということで撮影時期や撮影者は不明です。
 この写真について 『この航空機のペラは拡大しますと、破損の断面を感じます。 事故機ではないかと思ってます。地上滑走で何かを刎ねた のではないでしょうか。』河辺新一 とのコメントをいただいています。 右側のプロペラ先端が見えないのが残念です。 イガテックとしてはムリネに似ていると思いました。 この写真についてご存じの方がいましたら教えてください。

 

 

日替わりメモ 12月6日  

    航空歴史館 航空自衛隊 C-1 28-1001  初飛行写真追加

 

 丹羽さんからC-1初飛行当日の写真を投稿いただきました。
 当日の機体番号は 18-1001 です。 後日 28-1001 へ変更されており短期間だけ付けていたものです。 
 丹羽さんから『主翼には片側2か所に境界層板が設けられています。これも現用機には有りません。』 と説明がありました。 拡大写真を添付しましたので見比べていただけたらと思います。
 補足:
 3日前の更新時にC-1でのエンジン開発に関するJAXA資料の写真がリンク切れしていましたので修正しました。

 4日に紹介した日本海産業航空について れあるさんから 『日本海産業航空について当時の関係者から話を聞いたことがあります。 「会社は設立したが就航には至らなかった」とのことでした。 』 との話を頂きました。

 

 

日替わりメモ 12月4日  

    航空歴史館 伝説の時代から現代まで航空史抜き書き 1970年 日本海産業航空? JA5175

 

 丹羽さんから調布飛行場にて撮影されたJA5175の写真を投稿いただきました。
 機体には日本海航空という謎の会社名が書かれていました。尾翼マークも??です。
 何か情報がありましたら教えていただけますようお願いします。

 

 

日替わりメモ 12月3日  

    航空歴史館 航空自衛隊 C-1 FTB 28-1001, 28-1002 写真追加

 

 高田さんからC-1 1号機、2号機の写真を投稿いただきました。
 高田さんもFJR710/600S搭載時の写真を撮影されていました。
 今回、エンジンの歴史がわかるようにJAXAの資料の一部を掲載しました。 エンジン自体は各務原に展示されている写真が掲載されているのでリンクしておきます。 
 1983年国際宇宙ショーでエンジンが間に合わなくてカバーがしてあるという説明がありますが、この時にはまだC-1でのテストが始まる前だったことが分かりますね。

 

 

日替わりメモ 12月2日  

    航空歴史館 三菱MU-2研究  JA8620 科学技術館展示当時の写真追加

 

 丹羽さんから1972年当時 科学技術館に展示されていたJA8620の写真を投稿いただきました。
 フェンスの中に置かれていたことが今回の写真でわかりました。 エンジンはB型に変わりましたが、尾翼のマークを含めてほぼ初期の塗装のままだったんですね。

 

 

日替わりメモ 12月1日  

    航空歴史館 航空自衛隊 C-1 FTB 28-1001 FJR710/600S エンジン空中試験

 

 丹羽さんから1984年に実施されたC-1輸送機を使用した航空宇宙技術研究所開発の FJR710/600S を搭載した写真を頂きました。
 エンジン前方に爆弾を飛行機の形にしたようなマーキングがされています。 これは何を意味しているのでしょうか?
 C-1のページがありませんでしたので今回1号機ということで新たに作成しました。
 まだ1枚でサイトマップに乗せるのは早いのでリンクしませんが、これから充実させていく予定です。 

 

 

日替わりメモ 11月30日  

    航空歴史館 海上自衛隊 US-1A改 99019902 写真追加

 

 CTSsugaさんからUS−1A改 9901,9902 2機の写真を投稿いただきました。 9901は冬の飛行で背景の山が寒そうです。 この季節にも海上作業に赴くのは大変な作業と思われます。

 

 

日替わりメモ 11月29日  

    航空歴史館 航空自衛隊 F-104J 46-8606 写真追加

 

 河邉さんからF-104Jの写真を投稿いただきました。
 『当時は日本で活躍してる飛行場を使って「空港祭り」なる行事がありました。
 まだ多くのアメリカの軍用航空機も常駐する時代ですので、楽しい行事となっていました。
 ランウエイにも入ることができて、うれしいものでした。写真は航空自衛隊のF-104です。
 当時は「人間が乗る最後の戦闘機」とまで言われたのを覚えています。
 小さな翼でよく飛べるものだと感心しました。私の愛用カメラがyasica16といって、フイルムも一コマ16ミリの小さいもので撮ってます。』 (河邉新一) 
 とのコメントをいただいています。 当時 「ボタン戦争」 という言葉で大陸間弾道弾などミサイルのサイロが大国間にたくさん作られた時期と重なりますね。

 

 

日替わりメモ 11月28日  

    東京都立川市 立飛リアルエステート 一式双発高等練習機 一般公開 写真追加
    航空歴史館 飛行場史 名古屋空港/小牧基地の写真記録について 外国籍軍用機 写真追加

 

 立川リアルエステートで一式双発高等練習機(キ54) 4日間限定公開に行ってきましたので写真追加しました。 三沢での展示と異なり、照明は限定的なもので落ち着いた感じで搬送のために解体された状態で展示され構造がよくわかる形で置かれていました。
 操縦席や内部部品なども丁寧に取り外されて展示されたくさんの来訪者がのぞき込んだりカメラを近くで撮影したりと皆充実した見学ができていたと思います。
 展示場所の建物も手前は木造、奥は鉄骨作りの古い建物で雰囲気も良く、待ち時間に解説映像を流して理解しやすくするなど工夫されていました。
 関係者の方々の創意工夫と熱意を感じ、今後の活動が楽しみです。

 丹羽さんから 名古屋空港/小牧基地の写真記録について 外国籍軍用機について追加の写真を頂きましたので追加しました。 CL-28/CP-107 Argusはカナダ空軍の哨戒機ですが日本にどのような任務で来ていたのか気になるところです。 末尾に当機をバックにカメラ仲間が集まっている写真も追加してあります。 50年前のヒコーキ愛好家が集まって楽しそうです。

 

 

日替わりメモ 11月27日  

    航空歴史館 海上自衛隊 US-1A改 9901 写真追加

 

 佐伯さんからUS-1A改 9901のロールアウト時と初公開時の写真を投稿いただきました。
 US-1A改は1号機でありその後US-2へ改造されています。 その経過を見られる写真が揃うことでこの機体の変遷が垣間見れます。

 

 

日替わりメモ 11月26日  

    航空歴史館 海上自衛隊 US-1A 9071, 9077 写真追加

 

 北川さんよりUS-1A 9071、9077の写真を投稿いただきました。
 今回は航空自衛隊 美保基地と小松基地です。 
 航空祭会場では戦闘機と比較して機体が大きいのでさぞかし目立っていたことでしょう。

 

 

日替わりメモ 11月23日  

    航空歴史館 飛行場史 名古屋空港/小牧基地の写真記録について 外国籍軍用機 追加
    あいち航空ミュージアム 特別企画展 開催情報

 

 昨日の丹羽さんからの資料続編です。
 外国籍軍用機がようやく纏まりましたので追加掲載しました。
 米軍機の塗装や機体番号の変化なども楽しめます。 この機体も日本に来ていたのかと思うものもあり、歴史の記録として貴重なものです。
 外国籍軍用機ページ内 目次に追加しましたが、今後自衛隊機シリーズの作成も進めます。
 訂正: 昨日公開したページの表紙リンク先が誤っていましたので修正。
  民間固定翼機単発民間機 JA3152写真が小さいままでしたので差し替えました。

 山本さんより あいち航空ミュージアム にてT-1Bの特別展示が開催されるとの情報を頂きました。
 公式ページの情報をリンクします。
    開館4周年特別企画展「日本の飛行機づくりと富士T-1 初鷹」 リンク
    11月27日開催 スペシャルトークショー  リンク

 

 

日替わりメモ 11月22日  

    航空歴史館 飛行場史 名古屋空港/小牧基地の写真記録について 新設

 

 丹羽さんに昨年 大きな資料をいただき作成に大きく手間取っていました。
 この資料は 森脇医師が撮りためてありましたものを丹羽さんがスキャンし纏めたものです。
 元の写真は大きく掲載には向かないので縮小していますが、当時(約半世紀前)の空港の状況が良く判る貴重な資料です。 現在現物は各務原航空宇宙博物館に収蔵保管されていますが、当ヒコーキ雲を通じて公開できればと思い、こちらからお願いしてまとめて頂きました。
 今回 外国籍軍用機編がまだ完成していない状態ですが、十分見ごたえのあるものです。
 丹羽さんにご協力を頂きまして感謝を申し上げます。

 

 

日替わりメモ 11月21日  

    航空歴史館 海上自衛隊 US-1改 9902 写真追加

 

 濱野さんからUS-1改 過渡期塗装写真を投稿いただきました。
 過渡期といえど任務遂行のために途中からバブルウィンドウの周りを黒く塗装していたことが判ります。
 一時期だけ行っていたということで貴重な写真です。

 山口県周防大島町 PS-1の解体された情報をお伝えしましたが、解体費用として約330万円を掛けたそうです。 河野防衛省長官の時にオークションで不要装備を売ると言って1度だけ実施されましたがその後は何もないようです。 民間企業だと費用削減を行うと継続しますが、先のオークションはパフォーマンスのみだったのでしょうか?

 

 

日替わりメモ 11月20日  

    航空歴史館 大阪府大阪狭山市 さやま遊園 展示機体について

 

 山本さんからさやま遊園に展示されていた機体がF-86D以外にもあったとの情報をいただきました。
 F-86Dが退役後の1973年には3機が並び、1979年には1機になっていたようです。
 低翼機もあったとの情報でしたが、私には探せませんでした。
 今回、把握てきている航空写真を掲載しました。
 写真などをお持ちの方がいましたらお知らせいただけると幸いです。

 

 

日替わりメモ 11月18日  

    航空歴史館 山口県周防大島町 PS-1 展示機体解体撤去 

 

 一昨日 PS-1の写真を追加しましたが、そのうちの1機 5818 がとうとう解体撤去されました。
 佐伯さんから中国新聞に掲載されていることお知らせいただきました。
 パワーショベル2台でハサミと掴みの分業で短時間で解体されたように見えます。
 粉々にされるのを見ていると技術遺産とはなんだろうと思ってしまいます。
 残り1機となりましたが、屋外保管なのでいずれは消えゆく運命なのでしょうか? どこかに技術遺産として屋内保管することはできないのでしょうかね。 他国と比べて産業力が高いのに古いものはすべて捨ててしまっているのは寂しい話です。  

 

 

日替わりメモ 11月16日  

    航空歴史館 海上自衛隊 PS-1 5802, 5816, 5818, 5819, 5821 写真追加

 

 北川さんより投稿いただいた飛行艇の続きです。
 本日はPS-1 5802,5816,5818, 5819, 5821の5機です。
 5818,5819,5821の3機編隊飛行写真はなかなか見られない写真です。

 

 

日替わりメモ 11月15日  

    航空歴史館 海上自衛隊 PS-1 58175820 写真追加

 

 北川さんより飛行艇のカラー写真を多数投稿いただきました。
 本日はPS-1 5817,5820の2機です。
 暫く続きますのでお楽しみに。

 

 

日替わりメモ 11月14日  

    航空歴史館 日本軍用機 剣 追加

 

 丹羽さんから一時期 河口湖自動車博物館に保管されていた際の剣の写真を投稿頂きました。
 この機体は戦後 飛燕の展示に同行していることがありましたが、特攻機としての性格からかまとめたページがなく複数のページに渡って掲載されていましたのでまとめのページを作成しました。
 今回追加した写真は 1985年当時ということで36年前のものです。
 脚が落下式になっていたのは有名ですが、今回の写真を見ると主翼付け根の構造がこれでも飛行に耐えられるのかなと思えるほどの細さです。
 現在は国立科学博物館 倉庫に眠っているようですが、現在までの写真がありません。
 当時の特攻機の性格を知る上でも一時公開されることを期待しています。
 
 11日に立川エステート 一式双発高等練習機の紹介を行いましたが、後半2枚の資料は横川さんが来訪者のために作成されたものでした。 
 訪問される方には他の展示機体の見学にも便利なのでありがたい資料です。

 

 

日替わりメモ 11月12日  

    航空歴史館 航空自衛隊 T-6G 0041 テレビ映画撮影時の写真追加
         ふくしまスカイパーク 全日本曲技飛行競技会 第5回準備中 事故機の訂正

 

 丹羽さんから航空自衛隊で使用され、現在は山梨県航空学園にあるT-6Gをテレビ映画 「美貌なれ昭和」の撮影に使用した際の写真を頂きました。 
 映画の内容が気になる方は リンク を参照いただければと思います。 最後のテロップには防衛庁、航空自衛隊浜松南基地 と書かれており自衛隊も協力していたことが判ります。

 三四郎さんから掲載記事訂正の依頼がありました。
 『「ふくしまスカイパーク 全日本曲技飛行競技会 第1回〜第4回参加機」記事中に、「第4回まで開催され第5回の準備中に事故でFA200 1機を不時着で喪失」…と書かれておりますが、不時着したのはFA-200ではなくエクストラ300L(JA111L)です。公式の事故報告書も出されております。』(三四郎)
 ということでさっそく修正。 報告書のリンクもしておきました。 

 

 

日替わりメモ 11月11日  

    東京都立川市 立飛リアルエステート 一式双発高等練習機 一般公開

 

 横川さんから東京都立川市 立飛リアルエステート施設内に保管中の一式双発高等練習機の一般公開が今月25日から28日まで4日間の期間限定一般公開が開催されるとの情報とパンフレット類をお送りいただきました。
 青森県立三沢航空博物館から立飛ホールディングスへ寄贈されたことはお知らせしていましたがようやく一般の方が見学できます。
 当機体以外に複数の機体が同時期に搬出されていますが、いまはどのような状況にあるか気になりますね。

 

 

日替わりメモ 11月06日  

    航空歴史館 海上自衛隊 US-1,US-1A 9078, 9079, 9080 写真追加

 

 古谷さんから投稿いただきました写真の続きです。
 今回 9078から9080までの3機の紹介となっています。
 一列に並んでいる姿などタキシングで並んでいる姿など近くで見ていると迫力があったことでしょう。
 最近はほとんど見かけない当時のテレホンカードの写真も頂きましたので掲載しました。

 

 

日替わりメモ 11月05日  

    航空歴史館 海上自衛隊 US-1 9076 写真追加

 

 古谷さんからUS-1 9076号機の写真を投稿いただきました。
 当機体はUS-1最終号機で鹿屋基地に保管されています。
 2010年時点での保管状況に関して紹介しているページがありますが、現在の状況はどうなっているのか気になりますね。
 今日は時間切れですが、明日以降も飛行艇の続きを掲載予定です。

 

 

日替わりメモ 11月04日  

    航空歴史館 川崎キ61 飛燕の戦後史 川崎重工業創立120周年展 写真4枚追加

 

 濱野さんから飛燕の写真を投稿いただきました。
 『今回は2016年10月19日に神戸で撮影した飛燕で、多くの方々が既に投稿されていますが、見たところ全景カットがほぼ無い様なので資料性補完の為に送ります。
 当時もそのスキンの仕上げ方に色々と意見がありましたが、改めて落ち着いた今見てみると絶妙な「寸止め」感が秀逸に感じます。』 (濱野善行)
 この時は日の丸とコクピット前方の塗装だけ行われ、その後プロジェクションマッピングで展示されていますが、個人的にはこのように入っているほうが自然に感じますね。
 川崎重工業ということでオートバイのNinjya H2Rが展示されていましたが、このレース仕様はエンジン出力が310馬力あります。 飛燕はDB601で1175馬力ですので1/4強のエンジン出力がこんな小さなバイクに秘められています。 時代の差を感じる1枚ですね。

 

 

日替わりメモ 11月03日  

    国産旅客機YS-11の歴史 海上自衛隊 9044 写真3枚追加

 

 H.HさんからYS-11の写真を頂きました。
 2009年9月に海上自衛隊小月基地でオーバーランを起こしましたが、事故当日1枚と9日後のクレーンでの回収作業字のものが3枚です。 
 下側の写真ではプロペラのダメージが大きく地面と接触した時の影響の大きさが見えます。
 吊り上げ時のクレーンが気になり機種を確認しました。 株式会社タダノ ATF220G-5型です。
 数字の通り220トンクラスです。 性能諸元リンク
 機体自体の重量は15トン前後と思われますが、吊り上げ時にアームを伸ばすと吊り上げ許容荷重が下がるので、このサイズになるんでしょうね。 写真には他に航空機を運搬したと思われる5軸の運搬車両も写っています。 この機材は何か気になるところです。

 

 

日替わりメモ 11月02日  

    都道府県別 展示保存機総覧 香川県綾香群綾川町 高山航空公園 2020年の写真追加

 

 山本さんから高松空港近くの高山航空公園の写真を投稿いただいていました。
 『3機とも退色が進んでいますが、まぁそれなりの状態です。
  屋外展示なので状態は良くはないけれど、ボロボロというほどでもないという程度です ね。 セスナ170Bのラダーは無くなったままでした。』(山本晋介) 
 屋外保管はいずれも紫外線で痛みが早くなります。 日本国内では残ながら屋内保管が少ないのが残念です。 どこか使わなくなった廃校や廃工場を利用したりして寄付金もしくは実機をいただいて飛行機を展示し触れることのできるところがあればと思いますね。
 アメリカではボランティアが根付いているので、飛行場近くにある博物館ではお金を払って年間会員になり航空機の整備や博物館の受付などをしたりしています。 手伝いながら好きな飛行機に触って 相手先も管理の負担が減ってお互いWin Winの関係ですね。
 私も実際に数か所行って感動しました。 国内でも同じような環境があればと思います。

 

 

日替わりメモ 11月01日  

    日本の風景 富士山空撮  2枚 写真追加

 

 Ayameさんから山口宇部空港から羽田空港へ向かう途中の富士山の空撮写真と翌日の羽田空港から見た富士山の写真をいただきました。
 秋空で空気が澄んできておりとてもきれいな色が出ていますね。
 コロナの緊急事態宣言も解除の方向にあるので航空業界も活気が戻ることを期待しています。

 

 

日替わりメモ 10月31日  

    東京都国分寺市 「日本の宇宙開発発祥の地」顕彰碑とロケットマンホール
    ヒコーキ雲内 検索機能追加

 

 小社人さんから東京都国分寺市に設置されている「日本の宇宙開発発祥の地」顕彰碑とロケットマンホールの写真をいただきました。
 ロケットということでヒコーキと異なるのではというところもありましたがすでに「ロケット発祥の地」の石碑を掲載してありましたので今回の紹介です。

 ロケット関連の掲載ですが指摘されてわかった状況で編集者が自身のホームページもすべて理解できていないという勉強不足が出てしまいました。
  この不便さを拐取するため、 サイトマップ の一番下に検索機能を追加しました。
 この機能は検索結果ページ上側に宣伝リンクが少し入りますが Googleの検索機能を利用して特定のページ内を検索する機能です。
 ぜひご利用ください。

 

 

日替わりメモ 10月29日  

    日本民間航空の歴史 DC-8 JA8016 写真追加 

 

 濱野さんから 元日本航空で使用されていた DC-8 JA8016 がアメリカで運用されていた時の写真をいただきました。 1998年当時はテロが起こる前で 『あの忌まわしいテロが起こるまでは本当に撮影自由度が高かったアメリカでしたが、あれ以降全てが変わってしまいましたね。残念で仕方ありません。』 (濱野善行) というコメントをいただきました。 私も当時海外出張で航空機を利用する機会がありましたが運航直前のコクピットの写真を取らせていただいたこともありました。 テロ後はそのようなことは皆無になってしまいました。 私もとても残念です。

 

 

日替わりメモ 10月27日  

    都道府県別 展示保存機総覧 千葉県長生郡睦沢町 歴史民俗博物館 企画展資料掲載

 

 酒井さんより千葉県長生郡睦沢町 歴史民俗博物館で開催されていた企画展の紹介です。
 当博物館では今回は睦沢町在住の方がゼロ戦の墜落場所を探しだし、今年初めに発掘され、そのゼロ戦の一部部品を企画展で展示していました。
 企画展は残念ながら撮影禁止でしたがパンフレットをいただきましたので掲載しています。
 前回、前々回のパンプレットもあり、展示物のリストなどしっかりした企画を組まれているようです。
 文面はクリックすると読める大きさで掲載していますのでぜひご覧ください。

 

 

日替わりメモ 10月25日  

    航空歴史館 海上自衛隊 US-2 9905写真追加

 

 北川さんよりUS-2 9905号機の迫力ある写真が投稿されました。
 波しぶきをあげながら推進していくところは勢いがありますね。空気と異なって水圧は大きいので機体構造上陸上用機体とは違って丈夫に作るのは軽量化と相反して難しいのでしょうね。

 

 

日替わりメモ 10月24日  

    航空歴史館 写真で見る東京国際空港の歴史 1983年 要人機来訪 11月、12月写真追加

 

 濱野さんから1983年11月、12月に東京国際空港に来訪した要人を乗せた機体の写真を投稿いただきました。
 今まで10月分までお送りいただいていたので、これで1983年分がすべて揃いました。
 当時毎月のように要人が来訪されていたのですね。

 

 

日替わりメモ 10月23日  

    都道府県別 展示保存機総覧 神奈川県横浜市 日本新聞博物館 セスナ500 JA8438撤去
    質問箱 Q20 この展示場所はどこでしょうか? F-86D 185号機 解決

 

 山本さんから横浜市中区 日本新聞博物館に展示されていたセスナ500が2015年末で解体撤去されていたとの連絡がありました。 その後どこに行ったのか探したところ翌年朝日新聞航空部90周年行事でコクピットのみが展示されていたことが判りました。
 
 質問箱 Q20にありました F-86Dの展示場所について山本さんへ直接連絡が入ったということで解決です。 浜松北基地に展示されていたということが判明しましたが、当時の写真がありません。
 当時のF-86D, F-86F展示写真をお持ちの方がいましたら投稿ご協力をお願いします。

 

 

日替わりメモ 10月20日  

    都道府県別 展示保存機総覧 岡山県備前市日生 頭島 元民宿川辺壮 セスナ172

 

 F.YUKIHIDEさんから岡山県備前市日生 頭島 元民宿川辺荘にあるセスナ172の写真を投稿いただきました。
 先に掲載の写真とは異なる方向から撮影されたものです。
 『3階屋上に展示。 機種が西を向いているため、機体左側は概ね終日順光で撮影可』 との情報も併せていただきました。

 

 

日替わりメモ 10月17日  

    航空歴史館 海上自衛隊 US-1A改 9901写真追加

 

 濱野さんと北川さんよりUS-1A改 9901号機の洋上迷彩に変更される前の写真をいただきました。
 2007年と2008年ということで偶然この時期の写真が揃いました。
 濱野さんから 『US-2の過渡期塗装がまだ出て来ていない様なので記録しておきます。
 撮影は2007年5月5日の岩国フレンドシップデイ開催時で、正式にUS-2となってから初の展示だったと思います。 当日傍らに居たクルーの方に話を伺った中で、次回のPAR時には機体塗装を正式な物に塗り替えるとの内容でしたが、仕様等の詳細は未だ検討中との事でした。
 この時点ではまさか洋上迷彩に成るなんて考えもしていませんでした。 そんなテスト機カラーに任務部隊ナンバーの期間限定塗装です。』 濱野善行
 とのコメントをいただきました。

 最近 更新頻度が遅くなってすいません。 しばらくこの調子になってしまいそうです。
 ご理解願います。(イガテック)

 

 

日替わりメモ 10月10日  

    航空歴史館 海上自衛隊 US-1A 9090 写真追加

 

 Take8241さんからUS-1A 9090の写真を投稿いただきました。
 『2013/11/16の前日予行から芦屋に入り午後のBIの演技を撮り終えて歩き始めたときに玄界灘の彼方より見えだして慌ててコンパクトデジカメしか出せず撮った9090です。(途中省略)
 当日は午前中に結構激しい降雨があり進行が危ぶまれましたが10時過ぎには雨は上がり好天となりましたが・・・ 玄界灘で行方不明者(?)が出たとのことで県警・消防・マスコミのヘリが芦屋基地の北側に大挙押し寄せBIの演技は全てキャンセルになり訳が分からず基地祭は終了となったと記憶してます。
 翌日・・・ 当のご本人は自宅に帰ってTVで大騒ぎになってることを知ったそうです。
 なんともお騒がせなことです。』 Take8241
 ということで最終号期のフライト中の写真がなかったのでそのまま使用させていただきました。
 以前 高尾さんから甲南工場での最後のオーバーホール作業中のテストフライト時の記事がありますのでリンクを張りました。

  築城基地でF-2戦闘機の風防が落下したというニュースがありました。ニュースリンク
 何が起きたのかは判りませんが人的被害が無さそうな状況のようです。

 

 

日替わりメモ 10月09日  

    航空歴史館いしぶみ 中島飛行機株式会社武蔵製作所関連のいしぶみ 中央公園展示追加
    航空歴史館 日本におけコンベアライナーの歴史 JA5112 写真追加

 

 小社人さんから 中島飛行機 武蔵製作所跡地の 都立武蔵野中央公園に2018年の拡張で展示パネルが増えているということで写真を投稿いただきました。
 大きなパネルが5枚 写真も交えて歴史を説明されているということで各々の内容が見えるように写真をクリックしていただくと文字が読めるようになっています。
 
 コンベアライナー JA5112の写真はイガテックからです。 旭川空港が開港して間もないころに飛来したもので親族が飛行機を見学に行ったときのものです。 
 旭川空港は拡張前はYS-11が就航していたので写真を見たときにあれっと思いましたが尾翼がとても似ていますよね。

 

 

日替わりメモ 10月03日  

    都道府県別 展示保存機総覧 山梨県 河口湖自動車博物館 飛行館屋外写真追加

 

 前日に続き山梨県 河口湖自動車博物館 飛行館の屋外機体の写真を更新しました。
 屋外は自衛隊機などが主ですがたくさんありますね。
 今回T-6未紹介の機体がありました。
 
 ヒコーキ雲内でスクラップ置き場という言葉がたまに使用されていますが、保管している人から見れば大事なストックヤード(保管場所)です。
 航空機のコレクションは部品集めがとても大変な作業です。 当方(イガテック)もちょっとだけ個人的に収集、修復をしていますが、部品一つ一つの入手にはとても苦労があります。
 趣味で見ているだけの人だと、修復方法が違うとか色々コメントを書かれている方がいますが、修復した部分は修復した人は作業場の都合で把握して行っていますので、技術遺産でもない限り予算や時間が限られていますので、ここを交換していますね程度で記録を残していくべきと当方は考えています。 ページ内で所有者に不快にならないように文面を少し訂正する場合がありますのでご了承願います。 

 

 

日替わりメモ 10月02日  

    都道府県別 展示保存機総覧 山梨県 河口湖自動車博物館 飛行館 写真追加

 

 8月に公開されていた山梨県 河口湖自動車博物館 飛行館の写真を更新しました。
 今日は屋内展示分の更新です。
 今年は隼2型が入り口側に展示され、ハヤブサ型は天井から吊られた状態で正面から見ると並んで飛んでいるように見えます。 なかなか考えた展示ですね。
 また、追加で彩雲11型という貴重な機体のレストアが昨年から開始されているということで展示されていました。 ここから長い時間をかけて再生されると思いますが、多大な労力と時間などをかけて行っているということに感心してしまいます。
 貴重な技術遺産を保管、再生、維持されているということで展示期間が限られていても、休館中は再生等に時間を費やしていると思いますのでこれからも長く存続していただきたいと思います。

 

 

日替わりメモ 10月01日  

    都道府県別 展示保存機総覧 栃木県 北宇都宮駐屯地 展示/教材機体情報更新

 

 山本さんから栃木県宇都宮市 北宇都宮駐屯地の展示/教材機体の情報を頂きました。
 情報をまとめると
  UH-1B 41571 2020年度末ごろに撤去(2020年12月撮影のStreetViewで確認できず)
  TH-55J 61335 2020年度末ごろに撤去(2020年12月撮影のStreetViewで確認できず)
  UH-1H 41637 2020年12月撮影のStreetViewで確認できず
  OH-6D 31141 2020年12月撮影のStreetViewで確認できず
ということでした。
 TH-55Jが1機もいなくなったようです。
 今回航空写真を使って場所が見やすくなるようにしてみました。赤枠内をクリックすると拡大するようにしてあります。

 

 

    日替わりメモ  2021/09/29以前の日替わりメモ