HOME・SITEMAP 日替わりメモ 川西〜新明和の飛行艇研究目次

 

航空歴史館 掲載15/03/03
更新15/06/11
 

 

海上自衛隊

UF-2

    アルバトロス 総記
  UF-2 オ-9051
   UF-2 オ-9052
  UF-2 オ-9053
A8305-23   1962年  片脚事故の9053を救う
  UF-2 オ-9054
  UF-2 オ-9055
  UF-2 オ-9056
  1976年 除籍後の5機を再整備しチョークス社へ引渡す
付録

米軍など

HU-16

  新明和甲南工場の米海軍 と沿岸警備隊のHU-16C、D、E 
HU-16 米海軍
HU-16 米沿岸警備隊   HU-16Eを6機追加
HU-16 米空軍
HU-16D ロイヤルタイ海軍
フイリピン空軍博物館のHU-16B
イタリア ヴィーニャ・ディ・ヴァッレ空軍歴史博物館のHU-16A

 

アルバトロス 総記  総記
1961年 海上自衛隊に供与された新鋭のUF-2 2機が東京国際空港に到着

航空情報1961年6月号グラビア


アラメダ基地(サンフランシスコ)→ハワイ→ウエーキ→グアム→東京国際空港→大村航空基地

大村航空隊配属のセレモニー

1961/10/03 大村航空基地 提供海上自衛隊

 

UF-2の編隊飛行

4機編隊 大村航空基地 提供海上自衛隊




3機編隊 大村航空基地 撮影高見保市


TOP

退役機の再整備とチョークス社への引渡しチョークス社

 1976年3月31日 9056機の除籍をもって全機の退役が完了し、大村航空基地では、同年3月21日に、基地創設20周年記念大会と併せてグラマンUF-2除籍記念行事が行われた。

 アメリカのチョークス社は、かねてから海上自衛隊UF-2を再整備して取得するために、米海軍やFAAに根回しを行っており、1976年に新明和工業が退役UF-2再整備事業を受注し、大村航空基地において、8月に露天繋留の3機、11月に格納庫保管の2機を再整備してチョークス社に引渡した。

海自ナンバー

状 態

再整備開始 Nナンバー チョークス社へ引渡し
大村航空基地発
マイアミ到着
9052 露天繋留 1976/07/08 N3479F 1976/08/10 1976/08/30
9053 露天繋留 1976/07/08 N3470F 1976/08/10 1976/08/30
9055 露天繋留 1976/07/08 N3469F 1976/08/13 1976/08/30
9054 格納庫保管 1976/11/04 N88998F 1976/11/21 1976/12/09
9053 格納庫保管 1976/11/04 N88999F 1976/11/21 1976/12/09

新明和工業の再整備チームとチョークス社パイロット 撮影1976/11 石渡 賢



9053→N3470F


9054→N88998F


9055→N3469F


9056→N88999F



参考 

Chalks社のアルバトロス標準塗装 胴体前部に扉を特設